2008年SO日本冬季ナショナルゲーム・山形 選手団の紹介

きときとのチームで精一杯競技してきます!

団長・副団長
団長:押田繁光
  今回、団長という重要な職務をいただきました。NG山形ではアスリートと共に7日〜9日の間、一緒に競技をすることはできませんが心はフィールドの中に・・・共に流す汗・涙・選手団の情熱を最大限に発揮できるよう精一杯サポートいたします。
副団長:林慎二
 前回熊本大会にはファミリー応援団として参加し、アスリートたちからすばらしい”もの”をもらいました。今回、副団長として同行させていただきますが、前回もらったものの恩返しが少しでもできるよう、アスリートにとって楽しい3日間にしたいと思います。
アスリート
アルペンスキー:前田恵佑
 今回、大好きなスキーでNG山形大会に出場できることになりました。ナショナルゲームは3回目ですが、まだまだ不安な事が多く、お手数をおかけすると思いますが、コーチ・アスリートの皆様にはよろしくお願いします。恵佑には蔵王でのスキーを十分楽しみ、満面の笑みを見せてくれることを期待したいと思います。
アルペンスキー:林知佳
 水泳での熊本大会に引き続き、大好きなスキーで山形大会に出られることになって大喜びの知佳です。コーチの話をよく聞き、コースを間違えず最後まで滑ってくれる事を祈ります。楽しく、明るく、元気に頑張れ(^O^)/。
フロアホッケー:杉森建彦
 山形大会では、フロアホッケーに出場します。2年前の長野の勇気の翼大会ではシュートを決め1勝することができました。山形大会でもシュートを決め勇気の翼以上の成績をあげたいと思います。他の県のアスリートとも仲良くなりたいです。とにかくがんばります。
フロアホッケー:村下陽一郎
 ぼくは、3月にフロアホッケーで山形に行きます。富山の選手のみんなと力を合わせてがんばってきます。また、交流会で全国のアスリートといっしょに話をしたり歌をうたったりして楽しんできます。
フロアホッケー:村中洋介
 山形にはお父さんもお母さんも行かないので心配です。でもそんなの関係ない。SOの人はみんなやさしくて親切な人ばかり、安心してフロアホッケーがんばります。
フロアホッケー:長久慎吾
 長久慎吾です。今年からフロアホッケーを始めました。ゴールキーパーをしています。山形大会でがんばります。
フロアホッケー:岩白翔太
 フロアホッケーに参加2年目でこんな全国大会に出れるとは思いもよらない事で、ワクワクドキドキしています。スタミナ不足をなんとか克服して本番は頑張りたいと思っています。まずは、1勝したいと思うので、皆と力を合わせてチーム一丸となっていけるように頑張りたいです。
フロアホッケー:澤田一将
 みなさんのお邪魔にならないようガンバロウ!
フロアホッケー:小川 航
 初めてのナショナルゲームなのでとても楽しみです。決して上手ではないのですが、持てる力をフルに発揮出来ればいいなと思っています。
フロアホッケー:上 卓
 NG山形に向けて現在の心境を聞いてみました。一番楽しみな事は?「大きいお風呂!」二番目は?「ご飯!(みんなとの食事)」三番目は?「大きいバス!」FHは??「頑張る!!」まるで修学旅行前のようなワクワク気分の息子です。「試合中はよそ見しないで頑張ってね」という私の助言などはヒラリとかわしマイペースな息子ですが、皆さんと共に楽しく有意義な三日間となることを願っています。(^-^)v
フロアホッケー:末村 悠斗
 はじめての大きな大会参加なので、どうなることやら心配は尽きません が悠斗らしくゲームを楽しんで欲しいなぁ・・・と思っています。
フロアホッケー:中山真美
 (本人から)
 私はブルーサンダーズのサブキャプテンです。キャプテンの代理で試合中のメンバーに指示を出しています。
 (ファミリーから)
 大きな声を出して、ムードメーカー的な存在(親の欲目?)です。息切れせず、元気にコートを走り回って欲しいですね。
フロアホッケー:戸田明里
 1.目標はフロアホッケーで優勝出来るよう、ゴールを目指して最後まで力いっぱい頑張ります。
 2.コーチの言われることを守り、アスリート同士仲良くしたいです。
 3.出場種目はフロアホッケーです。
フロアホッケー:末村遥菜
 小さな身体で、ゴールを一生懸命守ります!と張り切っています。大きな大会を経験するたびに、遥菜自身も大きく成長しているなぁと感じています。精一杯、楽しんで欲しいと思っています。
コーチ
アルペンHC::金山 彰
 昨年のトレーニングは、積雪不足で予定の回数を実施できませんでしたが、今年は燃えています。新潟・妙高へも出向き、合同でトレーニングを行ってきます。アルペンスキーを通じてアスリート達が大きく成長することと思います。
 しかし、日頃のプログラムは、スタッフ不足で大変苦労しています。是非、皆さんのお力をお借りしたいと思います。NG山形では、結果はともかくアスリート達のとびっきりの笑顔に出会えることを願っています。
アルペンC:橋本啓子
 昨年、名古屋から来ました。今、アルペンスキープログラムに参加しています。今年は雪に恵まれて、アスリートの笑顔をみながら楽しく滑っています。いつもアスリートから元気をもらっています。山形では、アスリートがリラックスして実力を発揮でき、樹氷のように光り輝いて友達をたくさん作れるようにサポートしたいと思っています。皆様、応援よろしくお願いします。
フロアホッケーHC:澤田守弘
 サポーターの皆さんはやっぱり好成績を期待されるかもしれませんが、コーチは決してそれのみに固執しないようにしたいと思っています。それぞれのアスリートが自分自身の目標を持って臨み、それを達成できるようにコーチがサポートしてあげれればいいなぁと思っています。 
 とにかく日ごろのトレーニングで培ったものを、全員が思う存分発揮できるように頑張ってきます! ・・・自ずと結果はついてくるはずです。
フロアホッケーC:村井 司
 越中富山、ここにあり!山形の地で大暴れしてくるぞっ!えっ、いや、競技場でねっ! 勝っても負けても悔いのないプレーをしよう! そして、たくさん友達つくって、たくさん思い出つくって、たくさん笑って、たくさん食べて、そしてそして・・。 貸切バスの道中は、なるべく寝ていこうね(笑)。
フロアホッケーC:堀江大亮
フロアホッケーC:熊田美和
フロアホッケーS:山岸香苗