富山グラウジーズとの相互支援

2007年12月8日(土)、富山市体育館で、富山グラウジーズ対東京アパッチのプロバスケットボール・bjリーグ公式戦が開催され、アスリートやファミリーが応援と試合運営のボランティアに行ってきました。

富山グラウジーズとSON・富山は、今年5月、相互支援の協定を結んでいます。

6月9日から始まったSON・富山としての初めてのバスケットボールプログラムには、8回のトレーニングと競技会に、富山グラウジーズの選手やマネージャーの方々が、毎回、参加してくださりました。

技術的な指導はもとより、紙芝居を使った分かりやすいルール説明などを取り入れてくださり、充実したプログラムを運営することができました。

2007年、SON・富山のバスケットボールプログラムの様子
http://blog.livedoor.jp/son_toyama/archives/cat_10025935.html

プロバスケットのリーグシーズンが始まった11月からは、今度は富山県内で開催されるグラウジーズの公式戦に、SON・富山の会員が毎回、試合運営のボランティアと応援に駆けつけています。

12月8日のボランティアは、ブースター(チームの応援団)の受付と会場の監視でした。ファミリーは会場監視、5人のアスリートはブースターコーナーでの受付業務を手伝いました。入会の受付、会員カードにスタンプを押したり、みんな上手にできてました。

応援も頑張りました。みんなすごい大きい声で声援送ってました。

12月9日(日)の北日本新聞記事
http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20071209/8786.html

グラウジーズ勝利の記事
12月18日(月)の北日本新聞から
http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20071217/8922.html

富山グラウジーズの公式HP
http://bj-gr.jp/