TV局にも応援してもらっています

富山でスペシャルオリンピックスの活動が始まって、おかげさまで今年で足掛け6年になります。

活動を始めた2003年の翌年、大きなイベントにSON・富山は沸いていました。そう、スペシャルオリンピックス第3回冬季ナショナルゲーム・長野への出場です。初めてフロアホッケーのスティックを持って間もない19人のアスリートと13人のボランティアを中心としたコーチが貸切りバスを仕立てて向かった長野市内のホワイトリング。出場したアスリートも応援に行ったファミリーも、あのときの感動を忘れません。



そして、あれから4年。

また巡ってきた冬季ナショナルゲームはもうすぐ山形市内で開催されます。

昨年末から、私たちの活動を追いかけて取材してくださっているチューリップTVのクルーのみなさんたちの取材活動を紹介します。


高岡のフロアホッケーの会場です。

極楽坂でのアルペンスキートレーニングの取材です。

私たちファミリーやアスリートはスキーをしているので寒くはないですが、防寒着を着用しているとはいえ、トレーニングの間中、ゲレンデに立ってじっと撮影しているのは、ほんとうにたいへんだったと思います。

アルペンスキーでは記録会の賞状授与の様子も撮影してくださっていました。

アスリートと選手団長が県庁を訪問したときも取材してくださいました。

チューリップTVさんでは、アスリートの自宅や職場での様子についても取材の予定だそうです。

今回は特にNG山形に限ったものではなく、スペシャルオリンピックスや障害全般に関することがテーマだそうですが、取材スタッフはNG山形にも同行してくださるそうです。NG山形が終わったら、どんな形で放映してくださるのか、今からとっても楽しみです!  

で、近々、これまで取材してくださった中からNG山形に向けた内容が放映されます。

3月4日(火)、18:16〜、チューリップテレビ“イブニングニュースとやま”です。