水泳競技コーチクリニック

8月23日、富山県高岡総合プールで、水泳競技のコーチクリニックが開催されました。ゼネラルオリエンテーションはSON・長野の宮田LTに、アスリート理解と実技をSON・京都の森田LTに教えていただきました。


尾山ヘッドコーチの司会で始まりました。

藤井SON・富山会長の挨拶です。

ゼネラルオリエンテーションは、SON・長野の宮下和彦LTです。長野県上田市より高速を使ってこられたそうです。

アスリート理解担当は、SON・京都の森田隆信LTです。森田LTは、2007年のSO上海大会で水泳のコーチを務められたそうで、水泳高岡の塚本さんと3週間ともに過ごしたそうです。写真右端の後ろ姿は、塚本さんです。

アスリート理解の講義の後半は、資料の裏の白紙を使って一人一人が大事なものをハートを使って表すという時間がありました。何人かのハートを前に出て説明してもらいました。写真は、森田トレーナーが描かれたハートです。「それぞれ違うハートは、アスリート一人一人の個性である。どれがよいとか悪いとか順位をつけるものでもない。」

午前の部のみの受講者は、宮下トレーナーから修了証をいただきました。 



午後の実技です。ウオーミングアップは、ウオーキングから。

ビート板を使っての練習です。

蹴伸びをして泳ぎます。途中に立っているコーチが引っ張ったり押したりして25メートル進みます。

次は、バタ足だけで進みます。




50メートル泳いだ後は、ゆっくりとウオーキング。

いよいよクロールの練習。後は、蹴伸び、ビート板、ウオーキングなどを組み合わせて、時間内たっぷりと泳ぎます。


実技を終えて、修了証の授与です。お疲れ様でした。