今年も、ハートフルコンサートを開催しました


2009年7月5日(日)、午前10時30分から、県民公園太閤山ランド野外劇場で開催されました。
毎年出場してくださったホタルイカのブラスに代わって、いつもとは趣向の違う3つのグループが素晴らしいパフォーマンスと歌を披露してくださいました。

まず、山本SON・富山副会長が挨拶の後、

アスリート自らが、サポータの援助を受けて司会を務めました。




■スタジオ・ステップス&スタジオ・プラサ・アレグレ(フラメンコ)
  紹介 フラメンコを踊るのは、奥田スタジオステップスと山室プラサ・アレグレです。 スタジオステップスでは小学生からシルバーエイジまで楽しんでフラメンコを踊っています。プラサ・アレグレは神奈川在住の舞踊家、滝沢恵指導の下、本格的なフラメンコを目指して厳しく練習しています。


動きが、とにかく決まっています!




■セブンキーズ(アカペラ)
  紹介 平成13年に花嫁人形コンクールで優秀賞し、平成14年、アカペラヴォーカルグループを結成しました。富山県民会館ホールロビーコンサートや富山ウィークエンドコンサートなどに出演しています。


セブンキーズさんは、おそらく焼き鳥の香りが漂う会場は初めてだったのでは?
アスリートが走り回る中、ほんとうにすばらしい歌声をありがとうございました!

■高岡&富山文化Pメンバー
  紹介 スポーツプログラムを中心とするスペシャルオリンピックスですが、富山では早くから音楽を取り入れたイベントを行ってきました。そんな雰囲気の中から2008年から文化プログラムが誕生し、富山市と高岡市の2会場で、今年は23人のアスリートが、楽しく活動しています。


富山と高岡の2会場の文化プログラムのアスリートが一緒に踊りました。

■ダンススタジオEMOTIONS(ベリーダンス)
  紹介  ダンススタジオEMOTIONSは1996年から活動しています。ベリーダンスを中心にジャズダンスやキッズのダンスなど、いろいろなダンスに挑戦し、インストラクターが富山市、高岡市、砺波市、金沢市でダンスのカルチャー教室を担当しダンスの和を広げています。


流麗で美しく、エキゾでパワフルで・・・。息を呑む瞬間の連続でした!




知的発達障害をもつアスリートと一緒にボランティアで出演をお引き受けくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。